湘英会

アクセス

資料請求

サイトマップ

WEBからのお問合せはこちら

HOME

特別講座

志望校別ゼミ

設置コース 

教室の特長

教育方針

体験授業

合格実績

教室案内

湘英会ブログ

2018/12/24

今年、横浜雙葉小学校に合格をいただいたことからの考察

 

今年の横浜雙葉小学校の受験結果を踏まえて推察すること、また横浜雙葉の先生方から折に触れ伺うお話から思うことを

何回かに分けてお伝えしたいと思います。

今回は今年の受験についてお話しさせていただきます。

 

神奈川、いえ、都内も含め全国最難関校、歴史と伝統のある横浜雙葉小学校に、

今年も湘英会から多くのお嬢様が見事合格のご縁を頂くことができました。

 

倍率は昨年より少し上回り、1組約45人の全8組、例年と変わらず点呼から解散まで約6時間の考査でした。

最難関校受験に備えられたお嬢様とそのご家族ですから、ペーパーはもちろんのこと、全分野が高レベルの中での競争であります。

その中でも、今年合否を分けたと思われるポイントのひとつ、運動の分野についてお話しさせていただきます。

 

今年の運動は、毎年行われる簡単な指示走のほかは、連続運動のみ。

口頭での指示はなく、お手本を見るだけで行いました。

この数年の中では際立って多くのことを求められた課題だったのではないでしょうか。

 

指示の聴き取り時から運動終了まで手に持っているお手玉(今年は昨年と形を変えています)の所作、

片足バランス、ジャンプ、歩行と組みあわせて、マットを移動させる所作など、比較的長めの課題でした。

また、自分の順番が終わったら列の後ろにつくこと、指示通りに待機できているかどうか、このポイントについては例年通り厳しく評価されていたことと思われます。

 

湘英会のお嬢様たちにとっては、なじみのあることばかりで落ち着いて行えたことも合格のご縁をいただけた一因であると考えます。ゼミの運動の時間に、指示を聴くときのポイント、待機時の姿勢を毎回チェックさせていただいておりますので、

お嬢様たちは「いつもと同じ」とにっこり笑って報告してくれました。

 

運動の中で「なぜ所作が?」と思われる方も多いかと思います。

今日はここを紐解いていきたいと思います。

 

横浜雙葉小学校のお嬢様方はみなさん学校生活の中で、時に活発に時に寡黙に、生き生きと、たおやかに、

そしていつも明るく凜とした様子がうかがえます。

例えばどんなに楽しい休み時間の中でも、自分の係の仕事があれば即座に対応出来ること。

また登下校中にトラブルがあったとき、上級生であれば周りの方々に迷惑をかけずに下級生を安全に誘導し、下級生は自分の出来ることをしっかり行えること。

自分がいま何をするべきか、いま何が大切なのか、横浜雙葉小のお嬢様方はそれを瞬時に考え行動する力を身につけています。

与えられて行うのではなく、自分で考え、選び、決める。

学校全体が同じ方向を向いているその中で、女性として、ひとりの人として、良き成長を遂げていくべく教育がしっかりと

なされているのでしょう。

 

運動考査中のマットの「所作」の意味は、このような横浜雙葉小の理念につながっているものと考えます。

切り替えが上手に出来るかどうか、些細なことも丁寧に行えるかどうか、

何かを手の中に持ちながら違う事柄に意識を集中させられるかどうか。

あえての「所作」は、活発に行われる運動の中でこそ試される課題だったのでしょう。

 

湘英会の横浜雙葉小ゼミでは、ご挨拶から始まり、授業の受け方、振り返り方をお嬢様と共にお父様お母様もご一緒に取り組んでいただけるよう、毎回時間をかけてマザーリングをしています。

横浜雙葉小に合格のご縁を頂戴できるよう、発達の度合いや月齢に合わせて、またその少し先を見据えながら、

お勉強だけでなく、お嬢様の心身の成長をご家庭と共に考えて参ります。

来秋も横浜雙葉小学校に多くのお嬢様が合格のご縁をいただけますよう、ご家庭にあわせて丁寧に指導させていただいております。

 

共に頑張ってまいりましょう!

 

1月の横浜雙葉ゼミは9日水曜日から、1月開講の横浜雙葉小土曜ゼミは29日土曜日が初回でございます。

授業の体験もできます。どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

次回のブログでは、今年の考査の続きをお話ししたいと思います。

 

 

最後になりましたが、

春夏秋冬、雨の日も風の日も、好調の時もスランプの時も、おごらず諦めず、

いつも謙虚なお心持ちでお通い下さったお嬢様とそのご家族、最後まで湘英会を信じてついてきて下さり、ありがとうございました。

合格のご縁をいただけた方々、本当におめでとうございました。最後まで頑張ったお嬢様、そしてご家族の努力が実を結びましたね。春には黄色い帽子をかぶり、山手の丘を歩くお嬢様の姿が待ち遠しいです。

惜しくも残念だった方、僅差で努力と熱い想いが届かなかったこと、私も悔しく、また信じてついてきて下さいましたのにお役に立てなかったことを申し訳なく思っております。

しかし、この先、神様は長い道のりの中、光り輝く未来をお嬢様に用意して下さっているに違いないと信じます。

ここからまた新たなスタートです、心からエールを送らせてください。

 

湘英会を卒業された皆さまに心からの感謝と、そしてご家族のご健勝をお祈りしております。

 

明日はクリスマス。イエス様のお生まれになった日ですね。

皆さま、どうぞ良いクリスマスをお迎え下さいませ。

 

 

平成30年12月24日

クリスマスイブの日に。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
湘英会幼児教室
http://shoueikai-yokohama.com/
住所:神奈川県横浜市磯子区中原1-1-6
TEL:045-771-3211
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018/12/23

2020年度 来年秋に横浜国大附属小受験をお考えのご父兄の皆様へ①

今年もあとわずかとなり、新しい年がすぐそこまで来ています。

11月に行われた、今年度の横浜国大附属小の約1週間の入試を振り返り、どんなお子様が合格されたか、どんな対策が必要なのか、また湘英会幼児教室の国立ゼミでの対策がどのようなものなのか、こちらでお話しさせていただきたいと思います。

 

今年度も、沢山の嬉しいご報告をいただきましたが、3次試験まで通過する事は本当に容易なことではありません。今年度の1次試験 2次試験共に大変難しく、本当にいい子が、良く出来ていた子が通過できない という厳しい現実もありました。

でも、それでも!横浜国大附属小に合格するためには、やらなければいけない事が沢山あるのです!

 

ご家族が、一丸となってこの難関の試験に挑むとは、ペーパー試験のためにお家でがんがんプリントワークをする事だけでは足りないのです。

国大附属小は、日常生活の中にあるあらゆる知識 常識をしっかり身につけている生活力のあるお子様が合格しています。

ただプリント力がある子が合格しているならば、自宅学習だけしていれば良いですね。でもそれでは、最近の附属小に合格する事はかなり難しいと感じます。

季節ごとの行事、例えば、こどもの日は男の子 端午の節句で柏餅やちまきを食べて菖蒲湯に入るんだ とか、女の子はひな祭りで桃の花を飾り、菱餅やハマグリの潮汁・・節分は豆まきだけではなく、なぜイワシを食べて柊の葉っぱを飾るの?。。それはね、、こういった事を必ず授業の中で、興味を持ってもらえる様、楽しく子ども達ににお話をしています。

モンシロチョウはキャベツ畑にいるけどどうして?大豆ってアズキとは違うの?じゃあ枝豆は?・・

ご自宅では何の興味も持たなかったお子様が、お友達や湘英会の講師達と写真などを見ながら聞いているうちに、突然自分で調べたり聞いてくるようになったとお母様から嬉しいお声をいただいています。

プリントにある味気ない絵では、知識常識は身につきません。まずは楽しい!面白い!と感じてもらう事を大切に、私達は指導させていただいております。

 

まずは所作です。

相手の話をしっかりと目を見て最後まで聞ける 考える 指示に従い答えたり発言する このリズムを徹底的に、できるまで一人ひとりに伝えます。所作ができていない子は合格をいただくのは厳しいと毎年の試験結果を見て感じます。

湘英会の国立クラスの子ども達は、先生の指示中に先生に話しかけたりする事がありません。そして、わからなくても最後まで頑張り通す事が一番大事だという事も知っています。先生に言われたお約束を守る事が花丸なんだと自分に自信を持って取り組めるようになるのです。

湘英会を卒業した子ども達は、それぞれの入学する小学校で、この培った素晴らしい力でぴかぴかの一年生となり素晴らしいスタートダッシュをしてくれると私は確信しています!

 

ここまでできるようになるには、付け焼き刃の練習では難しいと思います。

たとえば、DVDやiPadなどだけで練習していると、問題が解けるようになっても、その時の所作や、どの様に考えたから間違ったのか など細かいところまで気がついてあげられない事もあるかもしれません。

湘英会の国立クラスは、熟練の講師達が、ただカリキュラム通り進めて終わるのではなく、わからない子の所にかけより、一人ひとりの目を見て指導します。そして、どこがわかっていないのか、どのようにやればできるようになるのかなどを個々にプリントに赤ペンでご父兄に読んでいただける様に気になった事を書かせていただいています。一人ひとりの成長は違いますし、伸ばし方も一人ひとり違うからです。

 

是非一度、湘英会幼児教室の国立クラスの体験授業に足をお運びください。実際に授業をお子様と共に体験していただく事で、初めて理解していただける事も沢山あると思います。授業終了後、面談をさせていただきますのでどうぞなんでもご相談下さいませ。

新年は、第1回の授業が1月12日土曜日14時からとなります。お電話でのご予約となります。

お目にかかれる事を湘英会の熱い講師一同、お待ちしております。

 

新年は、行動観察についてお話させていただきます。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
湘英会幼児教室
http://shoueikai-yokohama.com/
住所:神奈川県横浜市磯子区中原1-1-6
TEL:045-771-3211
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜にある湘英会の幼児教室のブログではお受験で人気の小学校のイベントや子育てに役立つ情報を配信しております

横浜で人気の湘英会のブログでは、日々のお子様の成長を見守る保護者様目線でのエピソードや子育てに役立つ情報を配信しております。お受験の成功にはお子様だけではなく、保護者様の子育てに関する考え方や姿勢も大きく影響しますので、ぜひお役立てください。
ブログではお受験で有名な各小学校のイベント情報もご案内しております。幼児教室に通うだけでなく、進学を希望される小学校に実際に足を運ばれたり、受験に成功した先輩である小学生の様子に触れたりすることはとても大切な機会です。
小学校のイベントへの参加はお子様の刺激にもなるほか、志望校選びの上でも大切です。保護者様とお子様が一緒に参加され、目や耳、五感で様子を感じ取ってみてください。横浜の湘英会では進路相談に応じておりますので、お気軽にお問い合わせください。

2018年度入校者募集

湘英会をもっと見る

志望校別ゼミ

志望校別ゼミ

設置コース

合格実績

教室の特長

教育方針

よくあるご質問

ギャラリー




ギャラリー